• HOME
  • 学校案内
  • 学科紹介
  • キャリアサポート
  • 資格情報
  • キャンパスライフ
  • 募集要項
HOME > 学校概要 > 明生Q&A
明生Q&A
Q

情報処理を学びたいのですが、高校時代は数学や英語が苦手でした。大丈夫でしょうか?

A

情報処理には確かに数学や英語の知識が必要となってきます。しかし公式や英単語を暗記する必要はなく、考え方を理解することが重要になります。大切なポイントは指導経験豊富な教員がわかりやすく指導しますので、安心してください。


Q

なんとなくパソコンの勉強がしたいのですが、どの学科やコースがよいのでしょうか?

A

コンピュータ系では、入学後約3か月間は「共通教育」で学習します。この期間はどの学科・コースに入学しても共通の授業で各学科の基本を学びます。この期間で自分の適性と好みを見極めることにより、入学後の学科選びのミスマッチをなくしていきます。


Q

私は女子生徒ですが、将来事務職を希望しています。どの学科が良いのでしょうか?

A

事務職を希望するのであれば、コンピュータネットワーク科ITライセンスコースをお勧めします。 Word、Excel、PowerPointといった基本的なオフィスソフトに加えて、データベースソフトAccessの使い方も学ぶ、進んだ内容になっています。事務職に必須な簿記資格の取得も目指します。また、秘書検定や販売士検定の資格対策も行いますので、販売職への就職も可能です。


Q

大学と専門学校とを比較して迷っています。どう違うのでしょうか?

A

進学先として大学と専門学校を迷う方は多いです。まず卒業後の進路選択に違いがあります。大学にも、医学・看護系のように、卒業後の進路がほぼ決まっている分野もありますが、決まっていない分野が多くあります。専門学校は卒業後の進路が決まっていることがほとんどです。また、ある学部・学科の扱う内容については、大学は幅が広く、専門学校は幅が狭いという特徴があります。そして最も違う点は、大学は、研究者のような「その分野の新しい知識を切り拓く」人材を育てることを目指すのに対し、専門学校は「その分野で実務に就く」人材を育てることです。


Q

国家試験の合格率が高いようですが、勉強は大変なのでしょうか?

A

基本情報技術者試験の場合、専門学校生の合格率は20%未満なので、かなり難しい試験といえます。試験勉強は確かに簡単ではありません。しかし、本校には指導経験豊富な教員がそろっています。試験日にあわせた4学期制度や特別対策授業など、勉強を応援するシステムも充実しています。そしてなによりも、明生で同じ目標に向かって勉強する仲間の存在が、みなさんの支えとなるはずです。


Q

日本語教師の将来性はどうなのでしょうか?

A

日本語学習者には、日本への留学・就職などで必要なために学ぶ人と、純粋な興味・関心のために学ぶ人の2種類があります。前者は少子化による日本の労働力不足や留学生30万人計画などの政策で、後者は日本のアニメ・ゲームへの関心の高まりや諸外国の文化的多様性教育の題材として学習者が増えており、日本語教師の需要は国内・国外ともに高まっています。


Q

アルバイトをすることは可能ですか?

A

経済的な事情からアルバイトをしなければならない学生も多く在学していますし、また社会性を身につけるためにも役立つことです。しかし、授業よりアルバイトが優先され、結果的に成績や就職に悪影響が出るようでは、本末転倒です。そのため本校では、平日の9時から17時までは授業を優先とし、アルバイトは原則禁止としています。また、深夜アルバイトも、翌日に授業がある日は禁止としています。節度あるアルバイトを心がけてください。


Q

保護者はどのようなことを意識すればよいでしょうか?

A

本校から保護者の方に特にお願いしたいことは、家庭で規則正しい生活を送るように指導していただくことです。保護者の方が勉強の面倒を見る必要はありません。家庭で勉強ができなくても、学校で充分な勉強時間は確保できます。重要なことは、休まずに授業に出席すること、時間や締切りを守ることです。


学校見学・入学相談 お申込み受付中!  進学説明会! 2017年度入学案内 資料請求
学校概要ABOUT MIC明生Q&A
2016年度入学案内資料請求 学校見学・入学相談 お申込み受付中! 進学説明会!
奨学金制度
  • 高校生の方へ
  • 社会人・大学生の方へ
  • 企業の方へ
  • 卒業生の方へ
モバイルサイト 携帯電話からもイベント情報などをご覧いただけます。