学校法人朝日学園 明生情報ビジネス専門学校

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸1-130-1

TEL:047-702-7801 FAX:047-712-2213

資格取得指導 Requirement Acquisition Leading

資格取得指導

「資格」は、専門学校で学んだ知識や技術を証明するもの。就職活動での強い武器になります。

明生は資格試験の合格を重視し、指導を充実させています。

情報処理技術者試験とは?

明生は、「情報処理技術者試験」の合格を重視しています。

 

情報処理技術者試験は「情報処理の促進に関する法律」に基づき、経済産業省が行う国家試験(国が行う資格試験)です。

国家試験のため信用が高く、受験料も割安。

多くのIT企業が採用の際に重視するため、就職活動の強い武器になる資格試験です。

IT系専門学校生には特に重要

情報処理技術者試験は、問題の難易度がよく考えられていて、「きちんと勉強しなければ受からない」試験です。

そのためIT企業からは学力試験の代わりに位置付けられ、採用の際に高く評価されます。

専門学校は、大学と異なり、偏差値がありません。専門学校生は、自分の実力を、自分で証明しなければいけません。

そのときに強い武器になるのが、情報処理技術者試験です。

いわば、「IT系専門学校生の大学入試センター試験」が情報処理技術者試験なのです。

  • 企業での評価例1: 通常の採用条件は大卒以上だが、基本情報技術者試験に合格済みの専門学校生は別枠で採用
  • 企業での評価例2: 採用条件は基本情報技術者試験以上に合格、入社後も係長以上への昇進条件が応用情報技術者試験の合格(流通系IT企業)

主な試験と対策方法

情報処理技術者試験には、多くの試験が含まれています。そのうち、明生が重視するのは次の3試験です。それぞれ、どのように対策を行っているのかをご紹介します。

試験名対策方法
ITパスポート試験

工業課程の全員が合格を目指す試験です。試験は選択形式で、説明文にあてはまる単語を選んで答える形式が多くなっています。また、ITの技術分野だけでなく、企業、法律、経営など、幅広い分野から出題される特徴があります。そのため、「広く薄く、知識をインプットしていく」学習法が必要になります。

 

本校では、1年次の必修科目「情報技術Ⅰ」で出題範囲について学習します。その後は問題演習を進め、10月~12月にかけて合格する学生が多くなります。
多くの技術用語を理解する必要がありますが、「書いて覚える」本校オリジナル暗記プリントとスマホ対応Webサイトを併用して対策します。

 

 

基本情報技術者試験

ITパスポート試験の次に技術系学科が合格を目指す試験です。
「情報技術Ⅱ」の科目で情報基礎理論とアルゴリズムの学習を行い、「データベース」「情報ネットワーク」
「情報セキュリティ」の各分野は専門科目で知識と実技の両面で学習します。

授業テキストには、実績のあるインフォテック・サーブ社の教材を採用し、さらにオリジナルの授業ノートと計算ドリルを併用しています。
プログラミング問題は「CASL」を選択するのが明生流です。

 

【基本情報技術者試験 合格までの流れ】

1年生前期: まずはITパスポート試験の合格を目指します。多くの専門用語が登場するので、まずはそれらを暗記し、その上で内容を理解します。

1年生後期: 基本情報技術者試験の内容に進みます。プログラミング、データベースとネットワーク分野は実習科目も同時進行します。12月か1月の午前免除試験に合格した上で、1月~4月にかけて午後試験の対策に注力し、4月第3週の本試験に臨みます。

応用情報技術者試験基本情報技術者試験の合格者がチャレンジします。
学期中と特別授業期間に実施する「情報技術資格演習」の科目で対策を実施します。
実践的な内容が出題される試験のため、実習科目も試験対策に重要です。

基本情報技術者試験の午前試験免除について

本校は基本情報技術者試験の午前試験免除講座の設置が認められています。

「情報技術Ⅱ」等の科目を履修し、校内で実施する修了試験に合格することで、基本情報技術者試験の午前試験が1年間免除されます。

その結果、本試験まで午後試験の対策に集中することできる、

当日は午後の試験のみとなり集中力が維持できる、などのメリットがあります。

最近の主な実績
資格合格実績を見る